株式会社いずみホールディングスが行なっているイノベーション

株式会社いずみホールディングスはもともと北海道の外食産業への食品卸売会社です。
そこでトップランナーとしての地位を確立しており、全国展開を現在では始めています。
このような実績を持っている株式会社いずみホールディングスは、食品流通の価値観を変える挑戦を行おうとしています。
それは一体どのようなものなのでしょうか。

株式会社いずみホールディングスが行なっている朝鮮は食品流通の最適化です。
食品はその料理店やスーパーなどの小売店だけの力で販売できるわけではありません。
様々な卸売業や物流業、プラットフォーム業などの手によって支えられています。
そのため、それらの事業を効率良く循環させていくことが重要だと言われているのです。

株式会社いずみホールディングスは食品流通に新しいインフラを作り出し、それらを再構築する計画を生み出しています。
これらが成功した暁には生産者の所得も増え、消費者の食費も半分になるとも言われているのです。
テクノロジーを生かした食品流通の最適化によって、日本のみならず世界中に豊かさを届けることを株式会社いずみホールディングスは掲げています。

代表メッセージ : 株式会社いずみホールディングス(IZUMI-IZM-GROUP)